読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家に帰ると怒られる

「家に帰ると怒られる」

許してもらうまでの苦痛と、放っておかれる孤独を何度も味わった私は、家に帰ることが大嫌いになっていった。

父が帰ってくるまでの、母と弟との時間が恐ろしかったのだ。

 

祖父母の家が近くにあり、母は昼間仕事に行っていたため、私は保育園から祖父母の家に一旦帰っていた。

祖父母は優しい。怒りはするが、外に出すという事はしない。

家に安心感を感じられなくなった私は、母親が迎えに来ると「祖父母の家に泊まる」と泣いて駄々をこねた。

母はそれがまた面白くなかったに違いない。

おかげで、無理矢理家に連れて帰られることはなく、私はその日一晩の安心を手に入れることができたのだった。

 

寝るときは祖父の隣で寝た。

祖父は寝るときに必ず「ももたろう」の話をしてくれた。

毎回「ももたろう」だったが、私はそれが好きだった。

ここはいてもいい場所。安心して居られる場所。

やっぱり素直に「ごめんなさい」は言えなかったと思うが、

多分あってもなくても許してもらえたのだ。

 

そうして、母のところは、私が気持ちを吐き出せない場所になっていく。