読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰口

「空気読めないよね」

「自分のことしか考えていない」

 

人に陰口を言われたとき、小ばかにされたとき、自分の全てを否定された気分になった。

私のこと、何も知らないのに、なんでそんなことを言うのだろうかと悲しくなった。

陰口を言っている人の周囲の人も、一緒に言っているのだろうという想像が働き、その場に行くのが苦しくなった。

 

なるべく自分から関わることをやめた。

でもその場に行かなければならない。

顔を見るだけで嫌な気持ちを思い出してしまう。

自分は相手の悪口を言うものか!と思うと、「別に気にしてないし」と自分に強がるようになる。辛い感情は心の奥に押し込められる。

奥にあるものが、毒のように自分を苦しめる。

酷いときは胃潰瘍になった。

 

いつも孤立のきっかけは、陰口を聞いてからだ。

自分から引くようにフェードアウトする。

「仲間」になれず寂しかった。

 

常に「自分の何がいけなかったのか」を考えた。

非はすべてこちらにあるように思い、辛かった。

本当に悪いのか、言っているだけなのか判断がつかなかったからだ。

 

自分を許せなかったから、相手を許せなかったんだろうなぁ。