読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

習い事

習い事には沢山行かせてもらった。

エレクトーン、スイミング、習字、英語、太鼓、塾、進研ゼミ…

数えてみただけでもこれくらいはある。

 

始めたきっかけは覚えていないが、強制ではなかった。

ただ、それらのことに興味を持った私に、

母は必ず「やりたい?」とは聞いたと思う。

 

私は「やりたい」と言えば、母が喜ぶことを学習していたため、

「やらない」と言うことがなかった。

続けることも、「やらないと言う」ことに比べれば苦ではなかった。

(唯一サッカーだけは、始めたもののどうしても嫌で辞めた)

 

また、習い事をしていれば、放課後「友達を誘って遊ぶ」ことからも逃れられたので、当時はそれで良かったのだと思う。

(家で漫画や絵を描いていることが大好きだったのだが、友達と遊んでいないとまた心配されるという「恐れ」があった)

 

ただ、自分から「どうしてもやりたい」と言ったものではなかったため、エレクトーンの家での練習は苦痛だったし、英語の塾では始まる前に漫画を読むのが一番の楽しみだった。

高校生か大学生の頃に、母が「やったこと全然実にならなかったね」と言った。

それもまた、心をモヤモヤさせた。

 

 

自分から心から「やりたい」と言って始めたものは、合唱だった。

歌うことでみんなが褒めてくれたから、大好きだった。

こればかりは不思議なことに、今誰も褒めてくれなくとも大好きで、

大人になってからもずっと続けている。